特別養護老人ホームやまなみ荘 ユニット型

TEL:0834-68-2823
FAX:0834-68-4108

 やまなみ荘デイサービスセンター

TEL:0834-68-4100

 やまなみ荘在宅介護支援センター

TEL:0834-68-4183

 グループホームせせらぎ

TEL:0834-68-5454

 やまなみ荘生活支援ハウス

TEL:0834-68-5450

やまなみ荘は、日本財団とダイドードリンコ㈱がコラボし取り組んでいる「夢の貯金箱」(自動販売機)を設置しています     

よくある質問

特別養護老人ホーム
グループホーム
デイサービスセンター
在宅介護支援センター

特別養護老人ホーム

Q.入所の申し込みをしたいが、どのようにしたら良いのか?

A.介護保険の要介護認定において、要介護1~5の方が入所のができます。ただし、平成27年4月から、原則要介護3以上の方でないと入所ができなくなりました。要介護1・2の方は、一定の条件を満たせば入所できることになっています。

当施設へ連絡して頂いて、申し込み日時をお伝えして頂けたら幸いです。

持参していただくものは、

  • 介護保険被保険者証(写しでも可)
  • 介護保険要介護認定調査票基本調査(写しでも可)
    ※市役所または最寄りの支所で発行をお願いします。
  • 直近3カ月分のサービス利用票および別表
    ※介護保険の在宅サービスを利用されている方のみを持参してご来荘いただきますようお願いします。

Q.入所申し込み後の流れはどのようになりますか?

A.入所申込→入所判定委員会→順番→退所→順番が上位の方から入所

※要介護度、居場所、連絡先、入所申込の辞退などがありましたら施設へ連絡をお願いします。

また、施設側から年1回入所待機者の調査を行います。


Q.入所費用はどれぐらい必要なのか?

A.料金は「従来型特養」「ユニット型特養」に掲載しておりますので、ご確認ください。


Q.ご利用者やご家族の要望や希望を、ケアにどのように反映していますか?

A.

  • ご本人やご家族と話しながら、ニーズを引き出し、個々の思いが叶えられるように、ケアプランに反映し支援しています。すぐに実行できるものは早急に、大きな課題は、第一段階、第二段階・・・と一つ一つ目標を達成できるように、ケアプランを作成し支援を実施しております。
  • ご利用者の希望(例:面白いことがしたい、美味しいものを食べさせてほしい、自分の足で歩きたい、話をしたい等々)
  • ご家族の希望(例:できる機能を活用してほしい、できればトイレで排泄できるようになってほしい、時々は家に連れて帰りたい等々)


Q.冠婚葬祭に出席することは可能でしょうか?

A.介護職員、介護支援専門員、生活相談員、機能訓練指導員などが協力し、できる限り出席できるように調整をさせて頂いています。ただし、体調不良等やむを得ない場合は、中止させて頂くこともあります。


グループホーム

Q.グループホームでの生活はどのようなものですか。

A.分かりやすくご説明すると、ルームシェアのイメージです。せせらぎでは、9人の方が、自分のできることを生かした共同生活を送っておられます。

職員は、利用者の方々と同じ空間で生活し、認知症により本人が困っておられる部分の補完をすることで、利用者の方々お一人お一人が主体となり、望む生活を実現できるよう必要なお手伝いをさせていただきます。


Q.グループホームせせらぎへ入るための条件はあるのですか。

A.せせらぎに入所するためには、

  • 要介護度が「要支援2」以上であること
  • 現在、認知症の症状を有していること
  • 周南市に住所を有していること

以上3つの条件を満たしている必要がありますが、詳細については、直接担当へご確認ください。

デイサービスセンター

Q.やまなみ荘デイサービスセンターの特色は?

A.ご利用者一人一人の気持ちを尊重し、心地よい場所で気持ちよく時間を過ごして頂けるよう心掛け、職員一人一人が、笑顔で精一杯日々仕事をしています!


Q.デイサービスに行きたくないと言われる方の対応は?

A.ご家族の意向とは異なり、「行きたくない」と言われる方に職員からアプローチすることは勿論ですが、ご本人の最も信頼する人(ご家族など)の一言で利用が始まり、今では利用を楽しみにされ、利用が続いていらっしゃる方もいます。


在宅介護支援センター

Q.在宅介護支援センターは何をしているところですか?

A.高齢者の福祉に関する諸問題について、地域に住む高齢者や、支援が必要となるおそれのある高齢者、またはその家族からの相談を受け、各種の保健、福祉サービス(介護保険を含む)が総合的に受けられるように市区町村ほか関係機関との連絡調整等を行う事を役割として行っています。

その他、福祉用具の紹介や選定、具体的な使用方法について相談・助言、介護が必要にならないように予防する為の寝たきり防止事業、直接自宅を訪問し、潜在している課題・問題の掘り起こしを行う実態把握訪問事業など行っています。


Q.利用料金はどれくらいかかるのですか?

A.無料です。

但し、相談や話し合いの結果、利用されたサービスに対しては料金が発生する事があります。(デイサービスやヘルパーなど)


Q.介護の相談は、どこへ相談したらよいですか?

A.地域の高齢者の総合的窓口として周南市内としては、4箇所に地域包括支援センター(いきいきさぽーと)があります。また、より地域に密着した身近な機関として、在宅介護支援センターを市内6箇所に設置してあり、総合相談業務等を実施し地域包括支援センターや行政機関等と連携を取っています。


地域包括支援センター 一覧表

事業所名所在地電話担当地区
いきいきさぽーと周南東部
(周南東部地域包括支援センター)
久米752-4
0834-29-1155熊毛地区
久米・櫛浜・鼓南
いきいきさぽーと周南市鼓海園
(周南市鼓海園地域包括支援センター)
孝田町1-380834-28-7055周陽・桜木・秋月・岐山・大津島
いきいきさぽーと徳山医師会
(徳山医師会地域包括支援センター)
東山町6-280834-32-9035遠石・関門・中央・今宿・須々万・長穂・向道
中須・須金・鹿野地区
いきいきさぽーと周南西部
(周南西部地域包括支援センター)
古川町1-170834-62-6301富田・菊川・福川・夜市・戸田・湯野・和田

在宅介護支援センター 一覧表

事業所名
所在地
電話
やすらぎ苑在宅介護支援センター
湯野1580834-83-2444
ニチイケアセンター菊川在宅介護支援センター下上向土井644-10834-61-2828
友愛園在宅介護支援センター須々万本郷28-10834-88-2346
在宅介護支援センターゆめ風車宮の前2-6-270834-61-3275
天王園在宅介護支援センター大河内1109-20833-91-5851
やまなみ荘在宅介護支援センター鹿野上2755-1
0834-68-4183