特別養護老人ホームやまなみ荘 ユニット型

TEL:0834-68-2823
FAX:0834-68-4108

 やまなみ荘デイサービスセンター

TEL:0834-68-4100

 やまなみ荘在宅介護支援センター

TEL:0834-68-4183

 グループホームせせらぎ

TEL:0834-68-5454

 やまなみ荘生活支援ハウス

TEL:0834-68-5450

やまなみ荘は、日本財団とダイドードリンコ㈱がコラボし取り組んでいる「夢の貯金箱」(自動販売機)を設置しています     


やまなみ荘徒然日記

死生観に関する研修会 2019.6.28(金)

松田さん、理事退任 2019.6.21(金)

有事に備えて 2019.5.30(木)/6.6(木)

鹿野婦人会 介護サポート 2019.5.8(水)

コーチング研修会 2019.5.1(水)

新人職員歓迎会 2019.4.15(月)

新年度が始まりました! 2019.4.5(金)

国際芋ほり大会(2018.11.19)


平成30年11月19日(土)は、法人の企画で、中国、ネパール、バングラデシュの留学生と芋掘りや味噌汁づくりなどを行い交流を深めました。

鹿野の名所である「ライオン岩」と漢陽寺にも案内しました。鹿野の景色の美しさに感嘆の声が漏れていました。

芋ほりも一生懸命されていました。掘った芋は、

大学芋やお味噌汁にしました。事前に仕掛けておいた炊き込みご飯と一緒に美味しくいただきました。留学生の皆さんもとても喜んでいました。

志が高く非常に素直な方たちで、私たちもとてもテンションが上がる。ひと時となりました。鹿野も気に入っていただけたようです。第二弾が楽しみです。

2018.11 研修三昧!

11月はたくさん研修会を行いました。

11月8日(木)には、ユニ・チャームメンリッケ株式会社の安永靖子 氏を講師に迎え、褥瘡予防対策委員会が主催する研修会を開催しました。スキンケアの正しい理解を深めました。(写真:上左・中央)

11月24日(土)には、食事ケアチームと活動性向上チームが協働で、ポジショニングの研修会を開催しました。言語聴覚士の廣林正則 氏から、食事の際の正しい姿勢についてご教示いただきました。(写真:上右)

11月30日(金)には、権利擁護委員会主催で、

社会福祉法人博愛会の本部長・辻野高廣 氏をお招きし、権利擁護に関するお話をうかがいました。長く現場で介護をされた先生の言葉一つひとつが職員の胸に突き刺さったようです!

(写真:下)

思い出のアルバム➋(2018.10中盤~後半)

10月13日(土)、当法人の職員が山口県障害者技能競技大会に出場しました。

惜しくも入賞とはなりませんでしたが、ビルクリーニング競技を最後まで一生懸命やりぬきました! 

10月18日(木)、周南市の医療・介護連携を推進する「あ・うんネット周南」のワーキングがありましたので、職員1名が出席しました。

市民啓発が大きなテーマです。活発な話し合いとなりました。

 10月20日(土)、認知症の理解を促進するために毎年行われている「RUN伴」に職員3名が参加しました。多くの専門職や当事者の方と、秋晴れの中走り、無事にゴールすることができました!理解が深まると良いな!

10月25日(木)、3年間にわたり実施してきた4法人による合同研修がフィナーレを迎えました。参加された皆さんには、それぞれの現場で学んだことをしっかりと活かしていただきたいと思います!

若手職員ミーティング(2018.10.12)

34歳までで当法人10年未満の若手職員?を対象にミーティングを行いました。

これまで若い世代の職員がぶっちゃけ話をする機会がなかったので、企画する側はとても楽しみでした♪

在宅福祉課長と施設福祉課長がファシリテーターとなり、法人をより良くするために何をすべきかを話し合いました。

若手職員の目線から法人の課題は何か、法人の強みって何かを出し、

それらを踏まえた上で自分たちにできることをまとめて発表してもらいました。

課題を出す際は、ネガティブな発想で重苦しい雰囲気になりましたが、

強みを出す段階では、参加者の表情が一気に明るくなり、最終的には、とても前向きなまとめになりました。

 

今後も若い人たちの意見を吸い上げる機会を多く持っていきたいと考えています!

ファシリテーターもテンションが上がる時間となりました!

「やまなみを愛そう!」